DSC_0048

第2回富岡公民館長杯こども将棋大会。
参加者は公民館長杯(学生無差別級)30名。
初級者大会(小学生)20名でした。


DSC_0018
公民館長様の掛け声で一斉に対局開始。


DSC_0020

DSC_0021

まずは2勝勝ち抜け、2敗で敗退のグループ予選。
初級者の方もトラブル無く、皆立派な指しっぷりで順調に対局が進んでいきます。

前回は公民館長杯の方が予選では時計を使用しなかったため、長考する将棋も多く、進行に大きな差が出たのですが、今回は公民館長杯は予選から「持ち時間15分、無くなれば一手30秒」で対局時計導入。
お昼ごろには全ての予選が終了し、まとまった休憩をとることができました。

~予選結果~
〇初級者大会
DSC_0029


◇公民館長杯
DSC_0030


抽選による組み合わせ決定の後、ここからは負けたら終わりの決勝トーナメント。


◇公民館長杯
DSC_0031

(すみません、初級者大会、最初の表撮り忘れました)

まったくのくじ引き通りの組み合わせですが、地元富岡将棋の予選通過者5名が1回戦で全員スパイラル勢と当たるという対抗戦の様相に。
大阪から参加してくれた注目の強豪小学生K君は優勝候補の一人であるスパイラルのS君といきなり当たる好カード。


今回はブログ主が進行もしていたのでこまかい記事が書けず、途中を全部すっ飛ばしていきなり結果ですみませんが…

〇初級者大会
DSC_0040

DSC_0034

DSC_0036

優勝  原田 一樹
準優勝 石川 毅
3位  一宮 篤人
4位  末廣 泰潔

初級への参加ながらも将棋をずっと続けてきた原田君が貫録の優勝!
2位以下は小学1~2年生とまさにこれからの世代。
特に3位4位の子達は地元勢なので、ぜひ富岡将棋に来て~!って感じですね♪

入賞の皆さま、おめでとうございます!


◇富岡公民館長杯
こちらもまずは結果から…
DSC_0053

1回戦で富岡将棋勢全敗!…という波乱というか最近のお互いの活動を見れば妥当というか…そんな衝撃的幕開けの決勝トーナメント。
誰ですか?ウチのエースの一人をやっつけた、あの高学年の子達の間をスルスルと軽快に動き回っている小さな子は…?
…小学1年生?!末恐ろしい香川の未来の星ですな。
そして優勝候補S君を倒した大阪のK君!噂通りやはり強い!彼以外は全てスパイラル勢で、2回戦からは誰が彼を止めるか?というK君包囲網が敷かれることに。

そして…

決勝戦    遠藤 蒼大 vs 木村 橙哉
3位決定戦  友安 俊貴 vs 沖津 斗聖

DSC_0047

DSC_0045

DSC_0050

決勝戦は規模は比べ物になりませんが、あの憧れの“JT杯決勝”の舞台っぽくやってみました。
そんな中でも落ち着いた指し回しと堂々の対局態度で大阪のK君が見事優勝!
第2回富岡公民館長杯を制しました!

優勝  木村 橙哉
準優勝 遠藤 蒼大
3位  沖津 斗聖
4位  友安 俊貴 


入賞の皆さま、おめでとうございます!


大会が終われば恒例の上位入賞者vs徳島大学将棋部の対抗戦!

DSC_0051

今年も勉強させていただきました。

さらにさらに…

DSC_0054

隠し玉を加えて、わが富岡将棋も挑戦させてもらいました。
皆上位まで勝ち上がり、大会で疲れているはずなのに、「いいですよ~♪」と快く対局を受けてくれる子供たちの将棋スタミナには感心させられます。


別室では午後からのどうぶつしょうぎ教室&大会も大盛り上がりでした。
DSC_0041




DSC_0055

そして最後の1局、残った将棋盤1枚まで皆で盤を囲んでの感想戦が終わり…


第2回富岡公民館長杯、無事に終了。

参加された皆さま、本当にありがとうございました。
第3回はまだまだ未定ですが、またいつか今回つながりあえた方々と交流し、将棋を指す機会を持ち続けていかなければもったいないとは感じています。
何かイベントを行う時はまたこの場でお知らせしていくので、たまにこのブログを覗いていただければと思います。

ありがとうございました。



※最後になり申し訳ありませんが、当記事掲載の画像についてお子様、または親御様ご本人の画像修正依頼がありましたら下記メール宛てまでご連絡ください。メール以外の公民館への匿名の電話等には一切対応いたしません。
 ちなみに当ブログの閲覧数は、最近は特に宣伝も何もしていないので身内関係者が見ているだけで、通常7、8人~多くて15名程度/1日です。

 メール送り先 tkh2shogi@yahoo.co.jp